子供の行動から見る練習方法の見つけ方
今日はカラーコーン(パイロン)を使用してスラロームの練習をする予定でした。
光が丘のIMAにあるダイソーでカラーコーンを20個購入しまして
それを舗装した地面に並べカラーコーンの合間をぬって走ってもらうはずが
その目論見は見事に崩れ去りました。
並べたカラーコンを端から見事になぎ倒していくソウタ選手(苦笑)
並べても並べても直ぐに倒されてしまいます。
普通の大人だったら「いい加減にしろ!!」と怒鳴るのでしょうが(笑)
モンテッソーリ教育をかじっているものとして
子供の行動をよーーーく観察してそこから何かを発見する癖がついてしまっています。
子供が夢中で何かをしているときにそれを遮ってはいけないんですね。
飽きるまで徹底的にさせることで子供は何かを学び取るわけです。
蹴っ飛ばしたいときは満足いくまで蹴っ飛ばさせてあげること!
レースをしていても子供たちが「もう一回ヤル!!!」といったときは
疲れてギブアップするまでは付き合ってあげないといけないんですね。
もういいからやめて!というのはあくまでも親の都合なんですよ!
もしも子供が夢中になって勉強をしていたとしたら
「あなた勉強のしすぎだからいい加減にやめなさい!!」といは言わないでしょ。
それと同じで子供が「もう一回やりたい!」ということは確実に何かを学び取り
そしてそれを再確認している証拠なので納得いくまでやらせてあげましょう。
親の都合で子供の成長の芽を摘んでしまってはいけないんです。





と、そんなわけでソウタ選手の行動を見ていると
その横で見ていた保護者の一人がぼそっとつぶやきました「楽しそう♪」
とにかく楽しそうにニコニコしながら片っ端からカラーコーンをなぎ倒しているのを見てふと閃きました。
カラーコーンには違う使い方があったんですね。

午後からの練習は「カラーコン蹴っ飛ばし競争」にしました。
直線50m上にランダムにカラーコンを並べて
レディ、セット、ゴーの合図とともに片っ端から蹴っ飛ばすわけですが
これがなんとも楽しそうなんです。
しかも、目標まで向かって走る→止まる→蹴っ飛ばす→次の目標を見つける
の繰り返しなので観察力とクイックなハンドリングが要求されるのですが
子供たちは器用にカラーコーンを蹴っ飛ばしていきます。
普通にスラロームの練習をするよりもコーナーリング練習としての効果は高いかもしれません。
でもなにより本当に楽しそうなんですね。
TEAM La Luceのモットーは「遊びながら、楽しみながら子供たちをスキルアップさせる」ことですので
他のチームがやらない様な新しい練習方法を生み出していきたいと思います。
そんなわけで来週の合同練習会ではカラーコーン蹴っ飛ばしをブラッシュアップしまして
競技仕様に作り上げたいと思っていますのでお楽しみに。

ちなみに子供たちの名誉のためにも申しあげておきますが
じつは我々のすぐ隣でローラースケートを練習している方がいまして
同じ様にカラーコーンを並べて練習していたのですが
そちらのカラーコーンには近づいても蹴っ飛ばそうとすることなく
むしろ倒さない様に注意をして慎重に走っておりました。
倒してもいいカラーコーンと倒してはいけないカラーコンがあることをしっかり理解しているんですね。
ですから家庭内でむやみにものを蹴っ飛ばすことはないはずですのでご安心ください。
まだ小さいながらにストライダーの練習だからカラーコーンを蹴っ飛ばしても許されると理解してくれているはずです。
[PR]
by teamlaluce | 2012-02-12 16:36 | 練習会

光が丘公園をホームグラウンドに自転車とランニングバイクを楽しむKIDSと親の為のTEAM La Luce チーム・ラ・ルーチェの公式ブログです。自転車をつうじて親子で社会貢献のお手伝いをするのが目的です。
by teamlaluce
プロフィールを見る
画像一覧
フォロー中のブログ
hubgejapanの落書き場
Bicycle Ecol...
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
今年もやります。親子で100..
at 2018-03-23 22:39
宮城夏季合宿無時終了
at 2017-09-05 20:57
親子で100kmサイクリング..
at 2017-04-20 09:21
親子で100kmサイクリング..
at 2017-03-23 09:06
4月2日に開催決定
at 2016-03-09 17:57
外部リンク
ファン
ブログジャンル
部活・サークル
自転車・バイク
画像一覧